人材の採用には必要不可欠!適性検査の意味と選び方

職業における適正を見極めことができる適性検査

適性検査は企業で新たに人材を採用する上で必要不可欠と言われていますが、一般的に聞き慣れない言葉でもあり詳しい内容について知らない人も少なくありません。

適性検査とはその名の通りその人が企業におけるさまざまな役割の中でどれに適しているかを見極める検査のことです。逆に新卒者には自分に最適な仕事を探すためのツールとして活用できます。

基本的な知識を調べるための能力検査

一口に適性検査といってもいくつかの種類に分けられていて、その中の一つに能力検査があります。こちらは学力を中心とした基本的な能力についての検査です。主な内容は学校の試験と同様に国語や数学といった物を利用して行ないます。これにより仕事をする上で必要となる基本的な能力の有無を調べることが可能です。

協調性の有無を図る性格適正

会社員として仕事をする上で必要不可欠と言えるのが協調性です。仕事によっては複数の人間とチームを組んでプロジェクトを進めていくケースも少なくありません。そのほかにも、営業や販売のように多くの人間を接する仕事にも協調性は必要な能力となります。この性格適正では協調性やストレス耐性を重視するのが主な検査内容です。

重要なポジションへの適正を調べる指向適性

この指向適正は性格適正に類似している部分もありますが、協調性ではなく人間としての興味や性格についての検査になります。この検査によって女性蔑視や犯罪指向といった内に秘めている性格を判断することも可能です。個人情報やお金の管理など会社にとって重要な物を取り扱う部署への人材配置は特に注意が必要になります。指向検査によってそれらの部署への適正も見極めることができるのです。

採用面接では想定問答を準備して模範解答を繰り返す人も多いです。面接ではわからない本質の部分をあぶり出すのが適性検査です。簡単な質問を短時間でおこなうことで自然と普段の自分として回答をしてしまうのです。