営業の代行をを実施するアウトソーシング営業の基礎知識

アウトソーシング営業のメリット

アウトソーシング営業と言いますのは営業代行とも言い表されているサービスで、名称の通り会社組織の営業に関する業務の一部あるいは全てを専門業者に委任するものになります。代行業者はギャランティをもらう代わりとしまして営業のための活動をして利益を得る契約となっていて、どれぐらい代行するのか、どういった業務を実行するのかによってタイプが複数あります。因みにアウトソーシング営業によって派遣されているスタッフの指揮権に関しては原則として業者サイドとなっているので、契約した業務を除いた指示や指揮は業者サイドに注文するところが特色になります。メリットとしまして労働力不足をクリアできるところにあります。アウトソーシング営業の専門業者は営業のスキルを身に付けているスペシャリストなので教育しないでもすぐ実践できますし、手間がかからず労働力不足の解消を図ることができます。

営業派遣との相違について

似たようなサービスとしまして営業派遣がありますが、営業派遣に関しては営業を望んでいる人材やスキルを身に付けている人材を派遣してくれるサービスになります。その結果委託をするというのではなく人材を供してもらうのみになるので、ほかのスタッフと同じく営業で勤めます。営業代行及び営業派遣の全く違うところは指揮権が何処にあるかで、営業代行に関しては業者サイドにありますが、営業派遣においては指揮権は派遣先の企業が持ちます。 営業代行と言いますのは、それなりのスキルやコネクションが求められる営業のための活動を、外部企業に委任することにより、自分の会社での営業のための活動にかける費用を低抑えるものです。

営業代行とは、ある企業の営業活動を別の企業や個人が請け負ってその企業のために営業活動を代行することを指します。