事業継承する上で知っておくべきこと4選!

事業継承の目的とは?

事業継承の目的は、社長が築き上げてきた事業を後継者に渡して事業や会社を取り巻く人々に良好な関係を続けていくことです。事業継承を考えず成り行きに任せた経営を行えば、社員や取引先の相手が不安を抱いてしまいます。事業継承の目的をきちんと理解し、早めに対策を行うことが重要です。

事業継承で最も大切なこと

事業継承でまず考えるべきことは、事業を後継者にバトンタッチした後に事業を継続するだけではなく更に成長させていくことです。後継者が引き継いだものの衰えてしまっては意味がありません。会社ごとに事業は違いますが自分の意志を受け継いでくれる後継者に引き継ぐだけでなく、後継者が事業を成長させていくための土台づくりを寄り添いながら作っていくようにします。

従業員や取引先が安心できるか

社長が事業継承間近なのに具体的な一歩を踏み出せずにいる、何も考えずにいるならば従業員や取引先は不安をもってしまいます。社長や後継者がはっきりと事業継承のメッセージを示すことで、社員は安心して仕事に取り組むことができます。これは取引先にも同様のことがいえます。

事業継承の計画を作る

社長は後継者に社長の座を譲るまでにやるべきことはたくさんあります。事業継承はすぐにはできません。後継者に事業を引き継いでもらうのは先のことかもしれませんが、早めに事業継承プランを作って事業継承に関する必要事項をまとめておくことが大切です。
事業継承プランは後継者に事業を引き継いでもらうために、社長と後継者が取り組まなければいけない中長期的な内容をまとめたものです。社長と後継者が事業継承プランを作りそれに沿って取り組むことで、やるべきことを整理できるだけでなく銀行や取引先などの事業関係者への信頼にもつながります。

会社経営者が、その事業を後継者に引き継がせることを事業承継といいます。引き継ぎ先は経営者の親族や承継を行う会社の従業員などの他、M&A(合併・買収)によって他会社が引き継ぐ場合もあります。