タクシー運転手として働くのが人気!その魅力3選

定年後もタクシー運転手は働く事ができる

タクシー運転手という職業の最大の魅力は、定年後も普通に働くことができる点です。一般的に普通の企業では65歳を過ぎると定年となり、会社を辞めることになります。まだ働きたいと思って就職活動をしても、中高年の方が仕事を見つけるのは大変です。その点、タクシー運転手の場合は定年がなく、しかも多くのタクシー会社は再雇用制度を設けています。つまり、65歳を過ぎても就職活動を行えば、運転手の仕事を継続できるというわけです。

未経験者でもすぐに働く事が可能

タクシー運転手は、これまで全く実績がない未経験でもすぐに働ける事も魅力といえるでしょう。実際、現役のタクシー運転手のほとんどが、他の職業からタクシー業界に転職してきた人という統計があります。会社員、自営業者、警備員、ホテルマン、スポーツ選手など前職には様々な職業の方がいらっしゃいます。さらに、未経験の人のために、ほとんどの会社では売り上げが低くても給与額をしっかりと保証してくれるのです。つまり、焦らず仕事を覚えることができるので安心して働けます。

休みをきちんと確保できる

タクシー運転手の仕事は、意外かもしれませんがプライベートをきちんと確保できる事も魅力です。その理由は、運転手の勤務時間は法的に定められた時間以上に働くことは厳禁とされているからです。多くのタクシー会社さんは決められた規則をしっかりと守って運営しているので、サービス残業というものが一切ありません。したがって、家族との時間をもちたい、自分のプライベートも大切にしたい方におすすめです。

役員運転手とは役員専属の運転手のことで、礼儀正しいマナーや確実な運転技術を身に付けている必要があります。