営業代行とは?サービス内容や利用すべき時期を理解しよう!

営業代行とは?サービス内容はどのようなもの?

営業代行とは営業プロセスの一連作業を代行するサービスです。販売などの売ることを目的にしているのではなく、営業活動の業務を代行しています。営業に関するマーケティング活動もしているのです。内容は会社の課題やニーズに合わせて、サービス内容を選びます。特に取引先との商談や交渉を代行することが多いでしょう。海外の営業支援や既存顧客のアフターフォロー、集客のサポート支援なども行います。

営業代行を利用すべき時期とは?

営業代行を利用すべき時期とは、営業活動をする人手が足りない時です。営業人数の増員を検討している時や地方から全国レベルに事業拡大をする時などに依頼します。現状の営業社員だけでは足りない時に、利用するのです。また、営業する人を新規で採用する時の教育係としても利用します。即戦力になる営業社員を育てるためには、営業代行などのプロに教育してもらうといいのです。新規事業を立ち上げたばかりなど、営業活動の仕方がわからない時にも、利用するといいでしょう。営業ノウハウを学べ、効率的に営業力を身に付けることができます。

営業代行はアポハンターとも呼ばれる!

営業代行は「アポハンター」とも呼ばれます。取引先へ営業をする前には、相手のことを調べてからアアプローチ・交渉など時間や手間が掛かります。それらを一括して代行し、アポイントを獲得するのです。営業代行は今までの実績や経験があるため、取引先との交渉もスムーズにいきます。営業社員の手間やコストを省き、営業効率を上げてくれるのです。

営業代行は会社の代わって顧客への営業を行う仕事です。製品はいいのに営業力がなくて販路開拓が進まないという主に中小企業にとって強い味方です。